ここがロドスだ ここで跳べ(ブログ版)

FC東京を中心にしたサッカー観戦&ゲーフラ&自転車を使ったスタジアムアクセスの記録
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
市原・千葉3−4東京(J1第18節)
でん子ダービー こんなことやってる
 場合じゃないんだが、
 蘇我スタジアム→フクダ電子アリーナに
 なった時から温めていたネタ。
 案の定、滑ってしまったが。
 (絵心があれば、でんこのキャラクターを
 描きたかった)

 (提供写真)


立ち上がりに連続失点した時は、思わず「何やってんだ!」と叫んでしまったが、
逆転勝ちで倉又体制の初戦を飾れたので良しとしよう。

ゴール裏には「これでいいのだ!!by」という
見識を問われ兼ねない弾幕があったようだが
(去る人の背中に石を投げるような意図でなければ良いが)、
クラブには今回の勝利で「これでいいのだ」とせず、
しっかりガーロ体制の総括をして欲しい。

・・・と思っていたら、翌日にSOCIO、ビッグフレームス会員宛として
監督交代を報告する文書が届いた。
既にオフィシャルサイトで告知されているものと殆ど変わらず、
監督交代の事実とプロフィールが書かれている。
しかも、SOCIO宛文書には
フィジカルコーチ、ヘッドコーチの交代について言及がない。

日付はSOCIO宛が17日、ビッグフレームス宛が15日で、
新しい日付の方が内容が薄い。
大丈夫なんだろうか。著しく不安だ。

この手紙に先立ち、ビッグフレームス宛てに
「石川選手直筆メッセージ入り」葉書が送られて来た。

プレーできる喜びを感じて全力で戦います!

「プレーできる喜びを感じて全力で戦います!」と
泣かせる決意表明(復帰後初ゴールおめでとう)。
こんな粋な計らいが出来るんだから、JFA(と言うよりカワブチ会長)のように
総括をうやむやにしないで、と切に望む。
(印刷で「直筆メッセージ」と謳うのはご愛嬌)

試合も逆転勝ちで大いに盛り上がったが、
2点先行された時の意気消沈ぶりは何だろう?
今まで(特に浦和戦で)最後まで応援してないのに、
今回だけ「盛り上がって良かった」と言う人は勘弁願いたい。

逆転勝ちで盛り上がるのは当たり前。
「まさかの友が真の友」(苦しい時に助けてくれるのが真の友人)
と言うじゃないか。

今回の試合で印象深かったのは徳永。
試合終盤、これまで上がりを控えていた?のが嘘のような突進。
結果的に決勝点に繋がったし、底知れぬ物を感じた。


フクダ電子アリーナはJR蘇我駅から歩いて5分ちょっと。
今回は様子見で輪行ではなく、普通に蘇我駅から歩いた。
帰りは駅までの歩道が大混雑したので、
自転車があれば車道を通って駅までスイスイ行けたろうか?

実際は手前の交差点までしか自転車は入れなかったようなので、
畳んでスタジアムに持ち込むしかないような気がする。

ただ、スタジアムは観易い半面、収容人数が少ない。
当日券無しの満員御礼で1万7,000人強では、
畳んで持ち込むのは迷惑だろう。
次に輪行するかどうかは、駅−スタジアム間の道の改善次第で、となりそうだ。
| フクダ電子アリーナ | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | cooper |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
アクセス解析
 
10周年!