ここがロドスだ ここで跳べ(ブログ版)

FC東京を中心にしたサッカー観戦&ゲーフラ&自転車を使ったスタジアムアクセスの記録
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
柏U-18 1−2 東京U-18(サハラカップ決勝)
皆で倉又監督を胴上げ

今シーズンはトップチームの試合ばかり観ていて、
2日前のサハラカップ準決勝@神戸ユニバが初観戦だった。
「トップチームよりパスが回って面白いよ」と言われた通り、
魅力的なサッカーをしていた。

去年は決勝で悔しい負け方をしたが、
今年は終始主導権を奪っての勝利。
胴上げで宙を舞う倉又さんの写真が上手く収められた。
J’sゴールの写真の隅には自分が小さく写っていた。
私的祝勝会の河豚の美味かったこと。


今回は東京−神戸−熊本−大阪−東京の旅程。
18きっぷ期間だが、
去年と違ってムーンライト九州は運行されていないため、
関西まで18きっぷ、関西−熊本往復は九州往復割引きっぷに。

この切符は寝台列車を使うタイプや新幹線を使うタイプ、
2つを組み合わせたタイプがあるが、
関西−九州の寝台列車が08年春の改正で全廃になるので、
乗り納めとして往復、寝台特急「なは」に乗ることにした。
個室寝台は使えないが、往復で1万円ほど割引になる。

東京−関西はムーンライトながらに乗るので、夜行4連泊。
しかし、寝台は完全に横になれるので、熟睡できる。

くたびれた「なは」車体

この写真は「なは」の1人用個室車両。
もう悲しいばかりにボロボロ状態である。酷すぎる。

神戸フラッグ@新開地

神戸では雨を縫って新開地をポタリング。
大通り近くにあったストリップ劇場もなくなり、
昔よりは小洒落た街になってきている。
ヴィッセル神戸の旗も健在だ。

昼は新開地の象徴とも言える「グリル金プラ」でハイシライス。
昔はソースがもっと黒っぽかったような気がしたが。
| 長居陸上競技場 | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) | cooper |
セレッソ大阪1−5東京(J1第15節)
誰でも点取れ 松本平で出した「誰でもいい 点取れ」を再掲。
 3点ほど入ったところで
 「いい」を消して「誰でも点取れ」。
 5点入って、阿部ちゃんや宮沢が
 決定的シーンを外しまくる頃には
 「で」も消して「誰も点取れ」になった。

誰も点取れ 後半途中から、選手がゴール前に
 殺到する毎にゲーフラを構え、
 「あーだめだー」と笑いながら戻す。
 こんな試合は久し振りだ。
 相手には申し訳ないが、
 楽しくて仕方ない。

阿部が何回も切り返してシュートを打ち切れなかったり、
ゴール前で浴びせた雨あられのようなシュートが決まらず、
いつもだったら野次の1つでも言いたくなるような場面もあったが、
大量リードで余裕があったせいもあり、本当に最後の方は笑いながら観ていた。

イケイケは松本で出した弾幕から「ガーロでいいのか」の部分だけ抜き出し、
最上段に掲げてそこで応援していた。
試合が良く見えないのか、コールすべきところでコールがない。
コールする選手がどう見ても違ったりずれたり。
終了前には行進しながら下に降りてきたが、件の弾幕は最上段に出したまま。
何を考えているのか分からない。

“中心”から離れた周辺の我々一角はゲーフラ率が高く、
勝手にコールして周りを乗せたり、向こう側のチャントに合わせて
「それ行け、俺たちの東京」と歌い始めたりで、
ピッチ上の青赤戦士と一緒でやりたい放題。
この状況を近くで見ていた知り合いが曰く、「楽しそうに応援してるね」。
まあ、中心部で何があろうと、自分達で楽しめればOKだ。
東京の楽しみ方は、色々ある。


今回は治安が悪いといわれる新今宮の安宿に1泊。
行きも帰りも18きっぷで普通列車乗り継ぎの旅をした。
チェックイン後、大阪に唯一残る路面電車
阪堺(はんかい)電気軌道」(通称チン電)でスタジアムに向かう。

阪堺本線・住吉停留所(下り)

阪堺上町線・住吉停留所(上り)

阪堺本線・住吉停留所(上り)

長居は駅から近いので、今回は自転車は使わない。
住吉で乗り換え、帝塚山4丁目停留所から長居まで2キロ余り。
道もほぼ真っ直ぐだし、GPSのお陰で迷うこともない。
(右下の緑の部分が長居公園)

阪堺線と長居
| 長居陸上競技場 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | cooper |
セレッソ大阪2−2東京(J1第34節)
「同点!!同点だ!!セレッソ同点に追いつかれた!!」(実況中継より)

土壇場の大どんでん返し。
「ウォォォォォォーーーーーー!」。久し振りに感じる体の震え。
これがあるから東京はやめられない。

セレッソに勝つ 昔あったオフィシャルサイトの
 迷言をやんわりと揶揄。
 しかし字が間違ってる(「勝つ」の「カ」が「刀」)。
 試合展開がアレだったので、
 「門番参上」でも良かったかな。
  (提供写真)。

すまん 1点ビハインドのまま
 ロスタイムに入ろうとしていたため、
 白紙のゲーフラ布を
 「白旗」として竿にセットしていた。
  (提供写真)

今野は勝負強い。だがCKをダイレクトで打ったユースケも評価したい。
試合は後半途中から引き過ぎたセレッソの自滅、としておこう。
済まないが、我々は悪くない。


今回のもう1つの目的は東播B級グルメにあった。
サンライズで姫路に5時28分到着。
トレで見に行った夜明けの姫路城は、まさに白鷺。
6時に駅の蕎麦屋が開いたので、黄色い「えきそば」を賞味。
「姫路名物」と書いてある、かき揚げうどん。
味は・・・「フーン」という感じかな。
30秒も待たないで出てくる物だから。

兵庫国体マスコット

次に加古川に転戦。駅では来年の国体のマスコット「はばタン」がご挨拶。

朝日が眩しい

早朝の加古川沿いにトレで下った後=地図、山陽電鉄高砂−曽根、JR曽根とポタリング=地図

頭ぶつかりそう

山陽電鉄荒井駅下の道はヘッドクリアランスが1.6メートル。
バイクは頭を下げて走るほど。

再び加古川駅前に。ここまで約15キロ。
あちこち駐車場になっていて、目標としたかつめし屋がない。
結局、駅近くのショッピングモールでにくてんかつめし
「ニッケレポスはよし」のにくてんは美味。
「カノコ」かつめしはかつめし丼だったが、「フーン」という感じ。
よく考えたら、トンカツにデミグラスソースがかかっているだけなんだよな。

その後、いつも行く明石の「菊水鮓」で「別巻(べつまき)」と「穴子棒寿司」を。
さらに商店街「魚の棚」で明石蛸の煮物。
魚の棚商店街ではアーケード新装開店を記念し、
振舞い酒をしていたので1杯頂く。

長居スタ入りすると、待っていた食いしん坊さんたちに
寿司はあっという間に食べられてしまった。
別巻は食べたことなかったんだけど・・・

長居スタジアムは駅から歩いてすぐだが、
今回は大阪駅から約6キロを輪行する計画だった=地図
行きは時間がなかったので、帰りこそは実行に移す時。

まずは千日前のお好み焼き屋までチャリで行くつもりだった。
大阪−長居のルートで途中難波近くを通るので、道もOK。

ところが、3キロほど北上した地点で、またも後輪がスポーク抜け。
即座に折り畳み、近くの地下鉄文の里駅から日本橋駅まで地下鉄に乗った。
| 長居陸上競技場 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) | cooper |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
アクセス解析
 
10周年!