ここがロドスだ ここで跳べ(ブログ版)

FC東京を中心にしたサッカー観戦&ゲーフラ&自転車を使ったスタジアムアクセスの記録
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
名古屋0−1東京(J1第20節)
熱田で降りると、帰りの臨時ムーンライトながらで一緒になるが、
目の前を歩いていた。

熱田神宮「宮きしめん」彼の勧めるまま、熱田神宮内の「宮きしめん」に。関西風かと思ったら、「宮きしめん」は関東風の黒い汁。「おすましきしめん」は白い汁だった。

その後、約3キロ先の瑞穂陸上競技場を目指す=地図
脇道を通ったことが奏功し、「光温泉」という銭湯を発見。
夜は11時15分までに入れば入浴できるとの表示。
「自転車専用」(だったかな?)との表示があり、とても気になった。
(結局、この銭湯には入れず)

さらに競技場を目前にして「美濃路」という焼き鳥屋が目に留まる。
時間があったので入店すると、とてもリーズナブルな値段で、
一通り飲んで食べて@¥2,000程度。
競技場至近ということもあり、グラサポが多数目に付いた。
釜飯フェアをしていたので、「鯛釜飯(ひつまぶし風)」を頼むと、
鯛めし風の釜飯にひつまぶしセットが付いてきた。
このような食べ方もあるのね、と思いつつ堪能する=場所

すっかり出来上がってしまい、試合の感想など書けるものではない。
試合後は名駅から地下鉄で10分の今池に移動し焼肉(とんちゃん)。
東京・溜池にも進出している「やぶ屋」の今池西店
とんちゃんは隠れた名古屋名物らしい。
| 瑞穂陸上競技場 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | cooper |
名古屋1−2東京(J1第26節)
実は余り期待しないで観に行ったのだが、
キーマンになるとみていた平山が先制点。
こっちに輪を掛けて名古屋がグダグダだったので助かった。

スタジアム到着がギリギリだったのと強風のため、
最初はゲーフラを出していなかったが、
挨拶の時に「3」(サンキュー)とささっと書いて最上段で揚げ。

平山がゴールすると多彩なコールが連発された。
ワシントンがゴールしたらどうなるか? かなり興味深い。
このまま試合に出さかったら、FC東京はリベルタ得点王を
2人続けて使いこなせなかったことになってしまうのだが、
首脳陣はそういう風に見られても良いのだろうか。


「鉄道の日記念・全線乗り放題きっぷ」を使い、
東京5:20発の特急車両使用普通電車で静岡へ。
浜松でもう1回乗り継ぎ、11時過ぎに名古屋着。

いつもの「宮鍵」で今回はひつまぶしを食べた。
ここは薬味とお茶漬け用の出汁が別料金なので、
同行者は面食らっていたようだ。

その後、1人だけ名古屋駅へ向かい、東海道線で熱田へ。
熱田駅からスタジアムまでは3.5キロ程度。
スタジアム側に出口がないので、少し遠回りになる=地図

強風のため、道路や歩道に折れた街路樹の枝が散乱していた。
目にもゴミが入り、走りにくかった。
スタジアムに着いたら、メインが側しか出入り口がなく、
渋滞していてさらに入場に手間取る。

試合後は伏見の「大甚」。
自分でつまみを選んで持ってくるシステムで料金が安い。
魚は好みで焼いたり煮たりしてくれる。

帰りの電車はムーンライトながら(名古屋発23:55)。
名駅の反対側に移動し、徒歩5分の平和湯に入る。
入浴料¥400、サウナは別料金で¥200。
檜湯・備長炭湯・薬湯・電気湯は入浴料だけでOK。 
24時ごろまでやっていて、休憩室で漫画や新聞も読める。
ながらの始発・大垣の銭湯は夜9時ごろに閉まってしまうので、
関西から帰京時には名古屋で入浴、というのも一つの手になる。
| 瑞穂陸上競技場 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) | cooper |
名古屋1−0東京(J1第5節)
節磐田戦でLフラッグの旗竿が折れたので、新品を買った。
開始早々のPKで、早速振り回せるとスタンバイしていたのに、失敗で逸機。
デビュー戦は結局振らず仕舞に。

怪我の藤山に代わって右SBに入った増嶋が後半、
右サイドから相手ゴール左に攻め上がったシーン。
増嶋の前にボールがこぼれ、
シュートするかと思ったら浮き球の絶妙なセンタリング。
ダイレクトで合わせた戸田のシュートは、
上45度の角度でゴールの枠を越えていった。


東京発5:20の静岡行普通列車で出発。
(ムーンライトながらの折り返しの特急電車が使われ、
通称「ながら返し」として有名)
3本乗り継ぎ名古屋へ。
昼食は「宮鍵」で親子丼。名古屋駅から歩くと微妙に遠いが、
自転車があればあっという間だ。

急遽、仕事でお世話になった人に会うことになったため、
この後、待ち合わせ先の地下鉄東山線・藤が丘を目指す。
名古屋から14個目で終点の駅だが、
約束まで2時間半あったので、トレで「行けるとこまで」と出発。
観光マップを駅で調達し、押っ取り刀で走り出した。

地下鉄の上を走る大通りをトレースして行けば良い。
ピーカンのため気持ち良くポタリングし、2時間かかった=地図
少し道を間違ったりしたが、これを入れても20キロ弱の行程。
同駅は愛知万博会場に向かうリニアモーター路線「リニモ」の始発駅でもあり、
万博の看板で記念写真。

ようこそ東京

タオルマフラーを使って「Welcome FC TOKYO」。
長話になってしまい、午後5時に出発。
道路標識を便りに目一杯爆走したが、13キロを1時間弱=地図

熱田神宮駅近くの「あつた蓬莱軒」でひつまぶしを食べた。
14インチのトレでトータル50キロ以上走ったら、疲れる訳だ。
| 瑞穂陸上競技場 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | cooper |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
アクセス解析
 
10周年!