ここがロドスだ ここで跳べ(ブログ版)

FC東京を中心にしたサッカー観戦&ゲーフラ&自転車を使ったスタジアムアクセスの記録
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
大宮0−1東京(J1第29節)
前2節は観戦しなかったので、久々の東京の試合になる。
2回連続で休むとサボり癖がつくのかどうか分からないが、
寝坊した上に埼京線−東北本線の乗り換えに時間がかかり、
駒場に着いたのは2時数分過ぎ。

コーヒールンバが聞こえて来たので、
「おお、試合前から盛り上がっているな」と思ったら、
この時に今野のヘディングが決まったらしい。
スタジアムに入ってすぐに「点入ったよ」と言われ、担がれたと思ったが。
(この曲を聞く度に事件がフラッシュバックしてしまう

前回は「都民の日 記念揚げ」だったのだが、
事前に調べたら、この日は「速記記念日」「日本のABCの日」
それに「群馬県民の日」。

ハロウィン? 群馬出身でもないので、
 31日のハロウィンに引っ掛けてみた。
 「無得点に抑えられるんだったら
 グルメで楽しませて」というつもりなのだが、
 全くひねりもなく、我ながら駄作である。

試合も大宮の決定力のなさに助けられ、
野球で言うと「スミ1」で勝った感じ。

試合後、1人でゴール裏に挨拶に来た今野。
「何かやれ」コールにはにかみながら、恥ずかしそうに走っていく。
とても微笑ましいシーンだった。
出番もなかったのに不可解な平山コールもあったが、
U−21中国戦(国立)で点を取ったからかね?


今回は浦和駅から往復トレにした。
片道2キロ程度だが=地図、463号線は歩道工事中で狭く、
特に人の波もある帰りは走り難くて仕方がない。
次はGPSで裏道を探すか、大通りを迂回しようと思う。

試合後は赤羽で「いこい」「丸健水産(おでん)」と、
ディープな立ち飲み屋を梯子した。
| 浦和駒場スタジアム | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) | cooper |
浦和2−0東京(ナビスコカップ予選第1日)
出島は狭い 何とかビジター自由席・
 通称「出島」(隔離席)に潜入できた。
 400席しかなく狭い上、
 浦和自由席に近い通路が封鎖され、
 通れるのは2人が擦れ違うのがやっとの
 階段が1箇所だけ。ということで「狭」。

実際には平日ナイトゲームということもあり、
試合直前まで出島は一杯にならなかった。
前回の駒場浦和戦(03年夏)はバック2階にも東京サポがいて、
尚且つ出島が満杯だったのだが、
今回は出島に固まった割には少ないような気がした。

試合はカウンターから2点取られてあっさり負けてしまったが、
後味が悪くなかったのは、それなりに攻めていたから。
ただ、玉離れが悪いからなのか、スライディングで
ボールを奪われるのが目に付いた。
最近こんなケースがたまにあるが、今回はとても気になった。
こういう細かいところの差が結果に表れているような気がする。

後はノリオ−岡野のマッチアップ。
攻めているときは良いのだが、岡野に攻め込まれ、
パスやドリブルで抜かれること再三。
徳永の守備が良いだけに、もう少し何とかならないものか。

応援は「東京、東京、クソッタレ」に「浦和、浦和・・・」で返したり、
キックオフ直前に出島外から行進(味スタではもう出来ない)、
しかも「カップを奪い取れ、掲げろ東京」と歌いながら、
チケットの半券を上に掲げ入場したりと、東京らしく。


試合後、浦和駅東口の赤御用達ショットバー「スマグラー」に。
浦和で唯一、樽生で4種類のビールが飲めるそうだ。
ベルギーのヒューガルデン・ホワイトベルビュー・クリークを飲む。
ヒュールデンは白濁で地ビールのような癖のある味。
ベルビュー・クリークはチェリー風味のカクテルのような感じ。

当初、会社からトレを持っていく予定だったが、
故障のため浦和駅から徒歩になった。
| 浦和駒場スタジアム | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | cooper |
大宮0−1東京(J1第26節)
東京ゴール裏(提供写真)

試合前の大宮のチャントが「Down Beat Stomp(石川のテーマ)」など
聞いたものばかり。
大脱走では「ララーンラララーララー」の後、
東京G裏から「レッズ」の合いの手が入り、受けていた。
イケイケ以外からコールを切る人が目立った気がする。

都民の日記念 久々に先発した宮沢はFKもミドルも宇宙開発。
 目立ったサイドチェンジもなかったが、
 気持ちは伝わった。
空気嫁 ところが、やりたい放題の家本主審が、
 戸田を一発レッドで退場させた!
 堪らず「空気嫁」と書きなぐり、
 試合終了後に揚げる。
 「さん」を付けたのは、
 良心が少しあったということ。

家本さん…(提供写真)

宮沢の活躍で、何とか勝ち点3を拾う。


試合後、ペーニャ小金井のメンバーを中心に、
浦和駅前のレッズの拠点・居酒屋「」に。
レッズサワーは紫蘇味。
浦和関係の展示を除けば、普通の大衆酒場だった。

行きのアクセスは、荻窪から20キロ強をスピ8で1時間15分=地図
環八−笹目通り−外環側道と行けば良いので、ルートは分かりやすい。
しかし、環八が渋滞でスピードを出せず、空気も悪かった。
| 浦和駒場スタジアム | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) | cooper |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
アクセス解析
 
10周年!